こどもの器で思うコト

昔、骨董屋さんで、小さなこどもの茶碗を見つけました。磁器でぽったりと厚く、中にはとっても丁寧に竜の絵が描かれていました。

子どもの使う食器も、大切に作られている時代もありました。

今でも、そのお茶碗を毎日使っています。

小さい頃に出会った、沢山のモノは、忘れてしまうモノと、自分に入り込んでいるモノがあります。

その出会いは偶然だけど、自分の中にちゃんと居座っています。

記憶は大人になってから影響していたり、自分を支えていたりします 。

モノの持つ不思議な力は、少し人の役に立つのかもしれません。親から子に伝えていきたい「鉛筆も使えなくなるくらいちっちゃくね」 

「ケシゴムも、鼻くそよりちっちゃくね」モノには、言葉がありませんが、言葉で伝えられない世界が、モノには沢山あると思います